≫Business






経営計画の目標達成に影響する経営上の課題から、職場内の業務不全まで、さまざまな問題現象の要因を探り、実効性のある最適な解決策を提案します。

貴社の経営状態を「数字」を見ながら診断します。
現場を知るコンサルタントとのタッグで、より効果的な経営改善の方法が見えてきます。

まず客観的な調査に基づく企業や事業を取り巻く環境分析を行います。
これらをベースに、問題点の指摘、戦略の方向性、課題の抽出、解決策(ソリューション)の提示をレポート形式で行います。





採用人数を集める事を目的とした採用活動ではなく、どのような人材を採用したいのか、御社の人事部署として採用戦略に基づいた採用活動を支援いたします。

3C分析は経営・事業の方針決定によく利用されますが、そのまま採用活動にも展開できます。まず3C分析の「Customer(市場・顧客)」を「採用活動の候補者」に置き換えてみましょう。そうすると「Competitor(競合)」は採用市場において自社と比較検討される企業になり、「Company(自社)」は採用活動における強み・弱みに絞ることができます。このように3C分析をうまく活用することで、採用市場にいける自社の立ち位置と競合優位性を明確化できます。






施設や店舗の利用者数の増加や、顧客満足度の向上を目的に、現利用者や潜在顧客の施設・店舗に対するニーズを探り、施設の改善につなげます。

「認知」~「購入」のプロセスとともに、ブランドマネジメントでは、イメージの差異を理解することが重要です。自社にあってほしいイメージと生活者が感じるイメージとのギャップを理解し、さらには競合と比較して、「製品機能」、「製品イメージ」などについて、自社の製品が強み/弱みだと感じられている部分を一目で分かるよう可視化します。